MENU

避妊対策はピルがおすすめ*ピルがおすすめされいてる3つの理由

避妊成功率が高いピルですが、ピルは女性自身の意志で避妊ができるので避妊方法としては最も良い方法になります。
また、ピルが推奨されている理由は大きく分けて3つあり下記の通りになります。

 

  1. 避妊率が高い
  2. 生理痛が軽減される
  3. 婦人科系疾患の低減

@正しく服用すれば確実に避妊でき低用量ピルは、3つの部位に作用して妊娠を防ぎます。
1つ目は卵胞を成熟させるホルモン分泌が抑えられるため、排卵が起こりません。
2つ目は子宮内膜の増殖を抑え着床しづらくします。
3つ目は子宮頚管の粘液を変化させ精子が子宮へ入りにくくなります。

 

コンドームなどよりは確実に性交渉する前から安心して避妊する事ができます。

 

A低用量ピルを飲む事により生理痛が軽くなります。
通常、増殖した子宮内膜の中には、プロスタグランジンと言う物質が含まれていますが、この物質が子宮収縮を促すと同時に痛みも引き起こします。
ピルに含まれているホルモンは子宮内膜の増殖を抑え、出血や出血前後の痛みは通常の生理と比較すると少なくて済みます。

 

また、一時的に自分で生理の予定日をコントロールできるため、旅行などのイベントなどに合わせて生理をスキップさせる事もできます。
その他にも生理によるイライラなどが無くなるメリットもあります。

 

B出産回数が減る事により、排卵数が増えた事による影響で女性が婦人科系の疾患を発症する確率は高くなっています。
ピルはこう言った疾患予防にも効果的になります。

 

例えば婦人科系疾患は、子宮内膜症や卵巣がん、子宮体がんなどのリスクが高くなりますが、この様な病気の予防にも繋がります。
また、薬を服用する事により逆に妊娠しにくくなる体のイメージがあるかも知れませんが、服用を止めると1〜3か月で妊娠可能な体に戻ります。
卵巣を休ませホルモンバランスを整える事により、妊娠しやすい体にもなります。

 

上述した様にピルは避妊目的以外にも多くのメリットがあります。トリキュラーなど費用も昔と比較すると安価になってきているうえに、「トリキュラー通販」などで検索して購入すると格安で入手出来るので確実に避妊したい方にはその価値は大きいです。

 

 

緊急避妊と計画的避妊−避妊は計画的に−


望んでいない妊娠を避けるために緊急避妊と計画的避妊があります。
多くの方の場合は計画的に避妊をされるのですが、それでもうっかりと忘れてしまった場合や避妊に失敗してしまうケースがありまして、どうしようもない時に緊急避妊を行ないます。
基本的には避妊するためには事前に計画的に行わなくてはならずアフターピル等で避妊するのはあくまでも緊急的な処置だという事は忘れてはいけません。

 

緊急避妊が必要となるケースは避妊をしない状態で性交をしてしまった場合、コンドームの破損、普段からのピルの飲み忘れといったものがありまして、もしそのまま避妊をしていない場合は性交後72時間以内に緊急避妊薬を飲まなければなりません。
そうする事によりまして排卵を抑制する事ができますので望まない妊娠が成立する可能性を減少させてくれます。

緊急避妊の注意点

大きな注意点としてあるのが時間が経てば経つほど妊娠する可能性が高くなる事と早く飲んだからといって完全に妊娠を防げる訳ではないという事です。
ですから妊娠を望まないのであれば緊急避妊薬はあくまでも緊急時のみに使用するものになりますから計画的な避妊は必ずしなければなりません。
計画的な避妊はコンドームの使用や生理周期の計算だけではなく、低用量ピルを普段から服用するなどの対策が必要となります。

低用量ピルで普段から避妊しておくのがおすすめ

アフターピルよりも普段から低用量ピルを服用していた方が避妊する事が可能になりますので女性が自分自身の身体を守るために必要な事であると自覚しておかなければなりません。
避妊の失敗だけではなく、犯罪に巻き込まれてしまうケースも考えられまして、精神的にも肉体的にもダメージを受けてしまいますから低用量ピルで計画的に避妊をしておく事は悪い事ではありません。
それに身体への負担や副作用も軽減されていますから確実に避妊がしたい場合は低用量ピルを継続的に使用しておくのが良いでしょう。
それにエイズ等の性病の危険性防止も加えて確実に避妊するためにコンドームの着用も忘れないようにして計画的に行なってください。